2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

うたし研究会

先週の金曜日(3/27)、うたし研究会がアミカスで開催されました。今回のテーマは「そわか」の「そ・掃除」そのなかでも特に「心身の掃除」について、語り合いました。

Img_0999 Img_0998

参加者が全て女性ということは、かなり「本質的な研究会」ということです。

といいながらも、全員顔見知りという気安さでリラックスしながら、お互いの経験をシェアしたり、意見を出したり、和気あいあいの2時間はアッという間でした。

私も今実践している事を話させていただきましたし、「感・カン」の掃除について、実際今年の1月から体験した出来事も話すことが出来ました。

今回も実感したのは、お互い繋がっているということでした。必要な情報を共有する、確認するのに、ちょうどいい方々が集まっている。

女性だけの時は、もう少し深く突っ込んで話し合ってもいいかな~、という気もしていて、そのためにも、自分自身が学び続けることが大切だと思いました。

今回の参加者の中に、ご自身がガンを患った体験を話してくださった方がいました。その方も、ムラキさんや石原先生の本を読んでいて、朝は、りんごと人参のジュースを飲んでいるそうです。

頑固で頑張って我を張るような性格の人がガンになりやすい、癌という漢字には品物が山ほどと書いてあるように、山ほど食べたり、物にも執着するようなことが原因にもなると話して下さいました。

体験された方が淡々と話されるお話は、とても貴重なものでした。

その方は日頃から落ち着いた性格の方ですが、やはり手術を決めた時は心穏やかではなかったそうです。けれどもある方の一言で、スッと気持ちが治まり、淡々と手術を受けることが出来たそうです。

それは、斎藤サトルさんが福岡へ来ていて、くれいん舎主催のお話会へ彼女が参加された時に、手術することを告げたそうですが、その時の一言。

「ストレッチャーに寝ているだけじゃないですか」と言われたそうですが、それを聞いた彼女は「男の人ってこういう風な考え方なんだ」と思ったそうです。そして、それまで色々考えたりしていたことをやめたそうです。

そのおかげで、気分的には落ち込まず看護婦さんからも「随分落ち着いていますね」と言われるくらいの精神状態になれたのでした。

もちろん、日常の彼女の生き方もあったと思いますが、サトルさんの一言にとても感謝されていました。またサトルさんに来ていただきたいと言われました。

今日の午後、サトルさんにその件を伝えましたら「嬉しいです」と言われて、現在天井画などの依頼が3件あり、その画を描くことに集中するので、九州へは秋頃に来てくれるという約束が出来ました。

研究会にしたのは、お互いに研究していけたらと思ったからですので、些細なことでかまいませんから、どうぞ日常での「うたし研究・掃除」についての研究を続けてくださいませ。

次回も、喜べる(お互いに)研究会になると確信しています。(^^)

やはり心と身体、そして周りの身近な環境は、繋がっているようなので、片付けや掃除はどこから始めてもいいようです。

貝原益軒さんが書かれた養生訓の中に養生三訓というのがあるそうです。身養生と心養生、そして家養生の三つです。心身ともに健康であるには、この三つを整えることが大切です。体と心は分かりますが、もうひとつの家養生とは?「家の中かゴタゴタしていると、そこに住む人の健康に影響が出る」が、いつもこの三つを穏やかに整えていれば健康が保たれるということ。

またもう一つの考え方としては、家の中外の物が故障や破損した場合に、速やかに修理することで、心身へ影響を与えることがない。これは、自分が使っている物に対しても同じです。

掃除もそうですし、やはり周りの環境と心身はリンクしているのですね。そして、食べるものや食べ物を粗末にしないということが、その人の運に影響を与えるということも、江戸時代から気づかれて書き残してくれた貝原益軒さんや、水野南北さんに感謝です。

私も気づいたのですが、お金持ちほどレストランなどで食べ残したものを包んでもらい持ち帰っています。食を減らそうとしている今、頼み過ぎないことが一番ですが、残れば持ち帰ってでも食べるという姿勢は重要な事かもしれません。

今夜は外食をしましたが、通常より頼む物を少なくしました。それでも、十分すぎるくらいでしたので、これからはお財布にも優しい経済になることでしょう。(^^)

お財布といえば、くれいん舎では「ありがとう桜咲くお財布」を販売中です。1つずつ手作りで、内側は全てありがとうのニット生地で作られています。お財布を開くとニッと笑って(^^)しまうかも。

Img_1058_2 Imag2002

Img_1053

Img_1055

 

 

うたし研究会は日常の生活の中にある「うたしに生きるコツ」を研究していますので、どうぞ、お気軽にご参加ください。

2015年3月24日 (火)

ご無沙汰でした

18日以降、日記書いてませんでした~。ですので、ご挨拶は、ご無沙汰でしたです。

もちろん、元気にしていますよ。何で書かなかったのかな?特に理由はないようです。

Img_0866
3月18日、住んでいるマンションの敷地内にある「淡墨桜」が咲き始めました。3月24日現在、満開状態です。

Img_0878
3月21日 土曜日に北九州の叔父のお見舞いへ行きましたが、マゴッチ妹が一緒だったので、帰りにスペースワールドへ寄るハメになりました。

Img_0904 Img_0908

16時位に入園したので、夜間のワールドイルミネーションも楽しめました。





3月22日 日曜日はpmが福岡市内では100を越して、150のところもありました!いつも向こうに見える山も見えません。こんな日は、室内でおとなしくしているに限りますが、夕方から少しおさまったので、近くの天然温泉へ行きました。
Img_0930

 

3月23日 月曜日の夕方に見えた彩雲、太陽の右側に出ていました。
Img_0952 Img_0951

3月24日 お財布の名前は「菜の花」中は黄色のありがとうで、友人へのプレゼントにしました。

Img_0934 Img_0933

出来上がった桜の季節のお財布さんたち
Img_0941

サイズは一番広い幅で11cm、一番高い丈で11cm、お札も折れば入ります。
Img_0949 Img_0945

少しぷっくりして丸っこいデザインのもあります。毎日チクチク(ミシンだってば)やって楽しんでいますよ。近日中に、ショッピングバスケットに掲載する予定です。
Img_0937 Img_0944

2015年3月18日 (水)

がま口作り

                    

Imag1976
                       今週はがま口作り

Imag1977
      残っているありがとうのニット生地と他の生地を組み合わせたもの

               現在は大・中・小サイズで2パターンのデザイン

            ボンドがはみ出て生地についてしまったのは私が使うことにして

             仕事になるのかどうかはともかく 作ることが楽しいのです

                出来てネットに載せると 売れるのも嬉しい

              楽しくて 嬉しいから 少しずつだけど作り続けています

                布に触れていると 心がなぜか落ち着きます

  母も祖母も手を使う物を作っていて 祖母の編んだものは今でもしっかりしています

   遺伝子のなせる技かぁ~と 指先に針を刺したりしながら思う 今日此の頃です

2015年3月16日 (月)

久々畑に

日曜日久々に畑に行き、農作業して来ました。今シーズン冬の作物を作らなかったので、ほんとうにご無沙汰してたら、夏ほどではないけれど畑には草がたくさん生えていました。

Img_0844_2

Img_0845

よく見るとホトケノザやオオイヌノフグリなどの小さな可愛い花が咲いています。

Img_0843
オオイヌノフグリの群生はとてもうつくしくて、忘れな草が生えているのかと思ったくらいです。BUTしかし、作物を育てるためにはこれらの草達を抜いて、耕すことが必要です。

Img_0848

畑とは別に隅っこの方で使っているスペースも、レモングラスがボウボウになっていました。刈り取って新芽が出るのを待ちましょう。そして、このアロエベラは苗をいただいたので育てているのですが、根元近くに2つ新しい株ができていましたよ。

Img_0853

セッセと草取りをして耕した後の畑です。

Img_0852
何せ、真ん中辺りにブルーベリーと桑が植えてある少し変わった畑です。夫さんが枝をかなり整理してくれてるので、今年はブルーベリーもスカスカして風通しがいいような感じですね。

Img_0857 Img_0861

           豆の花が可憐に咲いていますが、しっかりと豆もできていました。

朝のジュースのために、今年は一部分を残して他は全部ニンジン畑にする予定です。上手くいくかどうかは、お楽しみってとこですかね。

2015年3月12日 (木)

Morning&afternoon

午前中には生姜紅茶を淹れて飲みます。

Imag1963

午後からはアフタヌーンティーではなくて、アフタヌーンcoffeeを飲みます。

Imag1969
すっかり自分の工房にしてしまった店内で、タブレットにイヤホンつないでハワイアン聞きながら飲むcoffeeは、美味しいの一言。

29日までこのタブレットが4000円も安いので、ご紹介した方二人とも即ゲットされました。下記からゲットしていただければ、私にも1000円入ってくるという美味しいお話ですので、ほしいと思ってる方は、ここからゲットしてくださいませ。m(__)m

下記をクリックしてアマゾンに入った後は、いつも通りにお買い物をしていただくだけです。



16GB¥14,280の方がオススメで、私もこの16GBを使っています。タブレットは、どのように使うかで選ばれたらいいと思いますが、これって意外と使えますよ。

これ一つで、本が何冊でも持ち運び出来るのは嬉しい事です。

WIFI環境と無線LANが使える所では、インターネットに接続してネットやfacebookなども使うことが出来ます。

私の主な目的は本を読むためでしたが、DVDを借りて見たり、ネットも楽しめるし、写真や動画もOK、おもちゃを買うような金額でしたが、十分満足しています。

桜シリーズ巾着袋の次は小銭入れのありがとうシリーズに取り掛かっています。今日は裁断をしたので、明日は縫いにかかります。出来たらホームページに掲載しますので、ご覧くださいませ。(^^)ありがとうございます。




2015年3月10日 (火)

ミニ水仙

急に寒くなって、朝から雪がちらついている福岡です。この寒さの中、お店の前の花壇に黄色い温かい色のミニ水仙が咲いています。

毎年1株植えていたら、現在6株くらいになっています。もとは3株くらいだったような気がしますから、増えているんですね。

ネットの園芸の所で調べたらティタティータというミニ水仙のようで、丈夫で繁殖力良く、花つきが良い花のようで嬉しいです。

確かに丈夫ですし、固い土からムクムクと出てくる力強さには、励まされているような気がします。

特に肥料を与えているわけでもないのに、株が増えて花もよく咲いてくれることには感謝しかありませんね。

Imag1959

Imag1958

パンジーかビオラと見間違うくらいのサイズですが、濃い黄色で花のない時期目立っています。そして、花壇の片隅ではラベンダーが、ひっそりと咲いていました。

Img_0831

Img_0830

      寒い時期に咲く花は、どこか凛としたものを感じさせてくれるようです。

2015年3月 7日 (土)

壱岐づくし

今年1番目のくれいん舎のお出かけは、4月の壱岐行きです。(書いているだけでも、イキイキしてしまいます)そう意識してるからかどうか、壱岐関連の記事に目が行ってしまいます。

先日うたし研究会で使わせてもらったアミカスに置いてあった「ふくおか福たび」(福岡の魅力をより深く知ることができる“福岡発着の体験・まち歩き”プログラムの小冊子)にも掲載されていました。

Img_0820_2

Img_0821
そして、夫さんが買っていた3月号のサライにも大特集「古代史への旅」という所に壱岐も掲載されていました。

Img_0817

Img_0819
Img_0818_2














そして、今回の神社巡りを案内してくださる睦さんは「神々の島、壱岐の神社を訪ねて」の著者です。

Img_0810
Img_0811

彼女は最初に、こう書いています。

「自分に合う神社」とは、行って見ると、清々しい気持ちになったり、ホッとしたり、なぜか落ち着く、懐かしい感じがする、優しい気持ちになれる、、、といった神社のことです。

そして、自分に合う神社を知るには、神社に足を運んで、自分で観て感じることだとも書かれています。

私は今度で9回目の壱岐行きになりますが、最初は子供を連れて海水浴の旅でした。次は中野裕弓さんの合宿セミナー、それ以後は、正観さん関連での壱岐への旅です。

古代倭国人が築いた「弥生の王都」、ヤマト政権との親密関係を示す前方後円墳など、そこには小さな島とは侮れない壱岐の島の奥深さがあるのです。

アメノヒトツバシラという古事記に記された名を持つ神秘と神々の島壱岐、ある方はこう言われました。「壱岐には波動の高い人しか来れない」WOWですね!

ご心配なく、貴方なら大丈夫ですよ。\(^o^)/



2015年3月 5日 (木)

桜咲く講演会DVD

くれいん舎を工房にしているミセスくれいんが、現在作っているものは春色の袋物(巾着袋)です。エプロンやがま口も作るのですが、今週一杯は桜柄の袋作りを楽しんでおります。

友人のミネコさんが袋に名前をつけるといいよと教えてくれたので、只今ネーミング中です。

そうやってチクチクと縫っていると(ミシンですのでチクチクは少ないですが)本日届いたのが、下記のDVDです。150%幸せになる毎日~桜咲く講演会~

               

                  こちらをクリックされると詳細が見れます。
Sakuradvd002
     早速聞いてみましたが(縫い物をしながらなので)これもいいですね~。
      見ると更にいいです。若々しい正観さんの姿と声がそこにあります。

袋の話に戻りますが、表側は桜の柄ですが中はありがとうの生地で、合わせて「ありがとう桜」ということになります。4月の「ありがとう桜を愛でる会」にもちなんでいます。明日までに仕上げて、HPに掲載しますので、ご覧いただければ嬉しいです。

前回の日記にも書きましたが、5回目の「ありがとう桜を愛でる会」は、なんだか少し今までと違う予感がします。ひとみさんは今までご挨拶はされましたが、深いお話などはされませんでした。

それが今回はご本人から「話しましょう」と言ってくださったのです。実は正観さんにお会いする少し前から、ひとみさんの開催していた勉強会へも参加していました。

ひとみさんは正観さんにも幾度か会われたことがありますし、桜の植樹を勧めてくれたのも彼女でした。

大きな会社のオーナーですが、美人で気さくに話してくれます。時々不思議な言行もありますが、今回は何が出るか楽しみです。

もう一つは壱岐の女性新聞記者の方に、とっておきの壱岐の神社めぐりを案内していただけることです。壱岐には、日本最古の神社(神社庁も認めています)もありますし、彼女は日本中の神社をめぐり歩いて来た方なのです。

正観さんのありがとう桜が見れるだけでも嬉しいのに、今回は、こんなとっておきもプラスされました。

それにしても、壱岐の愛パークの桜たちをお世話してくださる壱岐の女性の皆さんに感謝致します。おかげさまで、今年も桜さんに会うことが出来ます。そして、皆さんに会うのも、とても楽しみです。

日記を読んでとても壱岐へ行きたくなったと言ってお申込み下さったMさん、ありがとうございます。一緒に楽しみましょうね。(^^)




2015年3月 2日 (月)

体温計

誕生日から初めてることの一つに毎日体温を測るというのがあります。体重じゃないのよ。

私は子供の頃から基礎体温が低くくて、大人になってもそうでしたが、なんとこの頃計ると上がっとるのじゃよ。WOW !

体温が1度あがると代謝が約12%アップしますので、一晩の睡眠中にカロリー消費量でウォーキング2時間分位の差が出るんですって!

つまり寝るだけでダイェットさ~、なんていいでしょうが。そうそう、体温UPにはしょうががいいのよ。

27日の金曜日は「うたし研究会」がありましたが、この日の参加者は私も含めて3人。

お一人でも参加されれば開催しますが、実は今回は「身体の掃除」についてお話させていただこうとしていました。

そうしましたら、これは偶然ではないようで、この3人が共通の情報を持っていたのです。

つまり同じ人の本を読んだり、講演を聞いていたり、その方が参考にしたドクターの本を読んでいたりという関係性だったのです。

そうなりゃ話はツーカーですし、そのことについてかなり突っ込んで話し合うことが出来ました。少人数だったのは、そういう訳だったのかもしれないと思いました。

体重計は持ち運びできませんが、体温計はいつでもどこでも持っことができます。まあ、そんなに頻繁に計ることはいらなくて、一日一回同じような時間に計るということだけ。

それだけではなく、もう2つほどやることがあるのですが、それは32日後に書かせていただきますね。

32日後といえば、もう4月になっていますね。

4月といえば「ありがとう桜」を愛でに行きますが、5回目の今回は何やら少し変化が起きそうです。壱岐とよんでいたところがアメノヒトツバシラという名前だと知りましたし、高島さんも途中抜けがなく最後までのお付き合いをしてくださいます。

壱岐の島のディーバのようなひとみさんが「正観さんをお呼びしましょうか」なんて怪しいことを言い出すし、全国の神社を回って来られた女性が壱岐の神社の案内をしてくださいますし、もう今からすごく楽しみになってきました。

今年は、お申込みが遠方から(北海道・千葉・海外から)来ています。後数人で締めきり人数になりますので、お申し込みはお早めにどうぞ。







« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »